指定自動車教習所

普通MT・普通AT・中型自動車・中型自動車限定解除・大型自動車・特殊自動車・大型特殊自動車・けん引免許

資料請求
facebook
Instagram
七丁目の夕日
高石の歴史は昭和35年の創立から始まりました。
当時はまだ自動車も高価なため台数も少なく、自動車教習所もほとんどありませんでした。
今では、一家に一台は自動車が普及している時代。
運転免許証はなくてはならない存在となりました。
古き良き時代へ皆さんとタイムスリップしてみましょう。

広大なコース
広大なコース
まずは周囲の風景です。
住宅が少し建っているだけで、ほとんどは田畑です。
ここが現在のように家が建ち並ぶようになるのはまだ先のこと。
周辺の道路も、一部がアスファルトに舗装されているだけで、
ほとんどがまだ地道のままでした。
下の画像は、コースの拡大です。
今では考えられない台数の自動車がコースを走り回っています。
当時のコースは現在の倍以上の面積がありました。
左上のコース、何かわかりますか?
実は、軽自動車用のコースなんです。
以前は、普通と軽自動車が別れていたんですね。

二輪車や普通自動車にまじってオート三輪も教習車
カーレースでもできそうな広さと台数
教習車の写真です。
二輪車や普通自動車にまじってオート三輪も教習車として使用されていました。
下の画像は、別の角度から撮影されたものです。
ずらーーーーっと並んだ教習車達。
まだまだ手前に写っていない車体があります。
カーレースでもできそうな広さと台数ですね(笑)

タイヤの跡がかなり斬新な当時の看板 当時の駅に建てられていた看板です。
住所ではなく「駅前」と書かれているのは、
駅を降りると周りが田畑だったため、
すぐに見えたそうです。
ただ、駅からは少々歩くので前なのかどうかはさておき(笑)
当時はスクールではなく教習所表記です。
スクールと名前を変えるのはまだ先の話だそうです。
今は少ないですが、教習所で練習をして直接試験場で技能と学科の
試験を受ける人もいたので、本科生と練習生に別れてたんですね。
タイヤの跡がかなり斬新。


この当時通われていた方も、もうご高齢になられているようです。
当時は、卒業時に記念撮影などもされていました。
もし、おじいちゃんが高石に通っておられたら、卒業写真をお持ちかもしれませんね。

ページトップへ戻る