指定自動車教習所

普通MT・普通AT・中型自動車・中型自動車限定解除・大型自動車・特殊自動車・大型特殊自動車・けん引免許

資料請求
facebook
Instagram
中型8t限定解除のススメ

2009年8月24日14:40~
教習3回目。

今回のインストラクターは京田インストラクター。

仕事の都合で前回から2ヶ月開いてしまい・・・。
体が忘れてしまってる可能性が・・・。

S字、L字クランクに加えて方向転換、縦列駐車、隘路(あいろ)、後進停止。

今回はやることが非常に多く、急ぎ足での教習になります。
S字、L字は前回の教習を思い出しながらがんばって縁石に突っ込んで曲がります。

さぁ、方向転換。
この長さ(中型と言っても改正前は大型車用の車両だったんですから)の方向を変えるなんてムリだと思ってました。
(まぁ、ムリじゃないからやるんですが・・・。)

でも、慣れてしまえば普通車と何ら変わらず。
右から左、左から右と練習。

その流れで、後方感覚を見る後進停止。
荷台が後にあるポールに離れすぎず近すぎ(接触)ずに停止させます。

後進停止
これがまた、難しい・・・。

運転席からの見える距離と荷台とポールの距離が全くつかめない。
・・・まだ。・・・まだ。と、京田インストラクターの声を聞きながら少しずつ下がって行き、
降りてポールとの距離を測ってもらう。
ポールとの距離が50cm以内になればOK。
その距離を頭にたたき込むのですが・・・。

卒業検定の時には、50cm以上ならやり直し、接触したら即検定終了です。

まぁ、いくつか覚える方法はあるのですが・・・。それは私だけのヒミツ♪

そして隘路(あいろ)へ。
この隘路、私はずっと「アイロン」だと思ってた(笑)

引かれた水色の線を踏まずに幅寄せしながら垂直にある黄色の枠内に線を踏まずに入れます。

隘路

簡単なようで結構難しく、すんなり入りません。
そんな時は何度か切り返しができます。
ただし、前方は線の先端を車体が超えてはいけない。
後方は後輪が超えてはいけない。
枠内に収まったら「完了」の合図。

幅寄せは難なくできても枠内のど真ん中&まっすぐ入れるのがねぇ。
どちらかに寄っちゃう。

とにかく練習ですな('~')

【まとめ その4】
・とりあえず、覚えることが多いのでしっかり覚える
・後進停止の時、一度ポールに当てておく方が位置がわかりやすいかも(私は当ててません)
・「あいろ」であって、「アイロン」ではない
・徹夜は敵(笑)




2009年8月24日15:40~
教習4回目。
今回のインストラクターは堀田インストラクター。

本日2時間目。

S字、L字クランク、方向転換、縦列駐車、隘路(あいろ)、後進停止。

2時間連続で良かったと、この時に思う(笑)

ついさっきやったことのおさらい。
先の時間は覚えることで必死だったけど、それを反復練習。
方向転換。
ここでアドバイスをいただきました。
「方向転換時、進入前に角度をつけすぎると曲がりにくくなる。」

方向転換
走行してる道路が広ければ何とかなるんですがそんな道ばっかりじゃないので。
その通りにやってみるとスッと入りました。

いやぁ、さすがインストラクター様。

後進停止は難なくクリア。
これはある意味得意です(笑)

隘路を何度かやって、S字、L字を繰り返し。

あっという間の1時間。

さぁ、次はいつ来れるかしら('~')

【まとめ その5】
・方向転換時、進入前に角度をつけすぎると曲がりにくくなる。
・方向転換時、バックしてからハンドルを切り始めるのは後輪がコーナーに来てから一気に。

中型免許の料金はこちら

中型免許(8t限定解除)の料金はこちら

資料請求・お申し込みはこちらから

ページトップへ戻る